Entry: main  << >>
冬近し



いよいよ奥多摩の秋が深まってきた。
一年の内で最も光が美しい11月。“パピエ・コレ” のお隣に立つ二十数メートルはあろうカエデの巨木から、落ち葉が風に舞う様はいつ見ても心が洗われる。秋から冬に移り変わるこの季節は、光がよりいっそう透明感を増して自然界が輝いて見える。近くのものがすぐ近くに、遠くのものが遥か遠くに見える、そんな空気遠近法的感覚が眼にも心地いい。
このカエデの葉がすべて落ち、骨格をあらわにした姿を観る頃には奥多摩は冬の気配で満たされる。



| papier-colle | 23:42 | - | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Others

Mobile

qrcode