Entry: main  << >>
花暦(弥生 ひいなあそび)



今はまだ夜の方が長いが、春分を迎える20日頃をはさんで昼夜の長さがほぼ同じになり、この後は昼の時間が長くなっていく。最近は日の出も早くなり早起きの日も気分がいい。
暦の上では6日頃が啓蟄(けいちつ:虫たちが穴から出てくる頃)、この時期を境に生き物たちの活動が活発になってくる。
都心に比べて寒さの厳しい奥多摩でも、3月ともなると春を待ち望んでいたかのようにいっせいに花花が咲き競う。まるで華やかなオーディション会場の様。
今日、
3月3日は “ひな祭り” の日。人間界でも花たちが主役の季節がやってくる。


| papier-colle | 11:54 | - | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Others

Mobile

qrcode