Entry: main  << >>
昨日という刹那


夕焼けのピークを見逃すまいと、仕事帰りに奥多摩橋へ急ぎ、刻々と変わる空の様子を写した昨日の一枚。
ピンと張りつめた初冬の
大気と光が、解像度を上げて遠くの景色を近くに引き寄せる。一日の中でも最もコントラストを強める夕暮れ時は空が主役だ。あたりから色彩が消え、空だけが水彩画のようにみずみずしく輝く。わずか数分間の出来事のなかに、自然の美しさと儚さが混在して感性を刺激する。

(奥多摩橋より東南を望む 16:24)




| papier-colle | 09:18 | - | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Others

Mobile

qrcode